成人の矯正治療について

こんにちは。矯正担当の横田正子です。

当クリニックでは、すべて永久歯がそろった方(概ね12歳以上)に対しては、ブラケット矯正あるいはマウスピース型矯正を行っています。

そこで今回は成人の方のブラケット矯正と、マウスピース型矯正の違いについて簡単にご説明します。

 

まず、ブラケット矯正について。

いわゆる「歯の矯正」と聞くと、皆さん思い浮かぶのがこれです。

「ブラケット」と呼ばれる小さな金具と、細いワイヤーを使って歯を動かしていくシステムです。最近はブラケットが透明のものが主流、そして白いワイヤーも開発されてきました。さらに歯の裏側からブラケットを接着する方法も取り扱っておりますので、ほとんど目立たずに矯正治療を行うことが可能となってきました。

 

そしてマウスピース型矯正について。

当クリニックで扱っているのは「インビザライン®」という商品です。よく、「どうして歯が動くの?どうやって歯が動くの?」というご質問を頂きます。

 

無理やり(といっても一本の歯で0.25mm程度)動かした状態でのマウスピースを歯にはめることで、その型に合わせて歯が動いていくのです。ですので、使用時間は1日あたり20〜22時間必要となります。そして、約2週間に一度、新しい歯型のマウスピースに交換していくことで、どんどん歯が動いていくというシステムです。この十数年、世界中で飛躍的に進化してきたシステムで、「目立たない」「取り外せるので歯磨きがしやすい」のが最大のメリットといえます。

 

患者様それぞれの歯並び、また過ごしている環境によっても、向き不向きがございますので、当クリニックではどちらの方法で行うか、なるべくご希望に希望に添えるよう治療方法を提案していきます。

ダイエット

歯科医師というのは主に目と手を使う仕事なので、まあ、太ってくるわけです。体質にもよるのでしょうが、私は、ハイ、どんどん丸くなってきています。

 

この歳になると見た目はもうどうでもいいというか、諦めているのですが、心配なのは生活習慣病です。人間ドックでも内臓脂肪がどうのこうのと医師に怒られてしまったので、何とかしないといけないのです。

 

以前フットサルで足首を痛めてしまったので、ジョギングや登山などをすると痛くなるかもよ、と整形外科の先生に言われているので、走って痩せるのは難しそうです。

じゃあ水泳かな、と思い近隣のスポーツクラブに入会しました。これでも高校生の時は水泳部だったし、泳ぎには自信があります。

しかし、ふと気がつきました。近隣のスポーツクラブということは、患者さんも通っている可能性があるのです。さきほど見た目はどうでもいいなんて言いましたが、このだらしない体を患者さんの目に触れさせるわけにはいきません・・・。

 

痩せてから泳ぐ!!

 

・・・泳がないと痩せないのに、痩せてから泳ぐ・・・。ダメな思考です。

 

ひとまず、間食を控えるのと、時々早起きして家から医院まで歩くことにしました。歩くくらいなら足首も痛くならないと思いますし。

勉強

歯科医師免許は大学卒業後、国家試験に合格して得られます。最近では国家試験が難しくなっており、試験範囲も広くなっているので、学生さんも大変だと思います。

 

しかし、勉強は歯科医師免許を取得したあともずっと続きます。

研修医時代にも勉強しますし、勤務医時代にも勉強します。開業後は、歯科の勉強だけでなく経営の勉強も必要です。

 

専門書を読む、最新の論文を読む、学会発表を聴く、講習会や研修会に参加する、知り合いの歯科医師と勉強会を開くなど、勉強方法はたくさんあります。

 

なぜ歯科医師に勉強が必要かというと、それが明日からの診療に役立つからというのはもちろんですが、私の場合は恐怖心から、というのもあります。

 

医師のように命に直結する事態というのは開業歯科医師にはあまり起こりませんが、我々の治療行為が患者さんに何らかの結果をもたらすという本質は変わりません。

 

かけがえのない人体に何らかの操作を施すというのは、実に恐ろしいことです。

麻酔を打ったらショックで血圧が急降下するんじゃないか、抜歯のあと血が止まらないんじゃないか、治療した歯に激痛が走っているんじゃないか、かぶせ物は大丈夫だろうか…。毎日の診療の中で、私の頭の片隅には常にこういった恐怖心があります。

 

ほとんどの場合そのような事態は起きないのですが、学生時代の解剖実習で感じた、「こんなにも複雑で精巧で美しくデリケートな人体に、私ごときが何かをしていいのだろうか」という畏怖の念が頭にある限り、この恐怖心は消えることはないでしょう。

 

その恐怖心を少しでも和らげるため、私は勉強しているという面もあります。

言い換えれば、知識や技術をできる限り高めて様々な症例に適切に対応できれば、心配なことや不安なことが起きる確率を低くすることができるのではないか…そう考えているのです。

 

また、大学医局員時代に、知識も技術も太刀打ちできないような、尊敬する先生が熱心に勉強している姿を見て、これだけの先生がまだ貪欲に勉強している、よほど勉強しないと一生追いつけないぞ…と危機感を持ったのも、勉強を続ける理由のひとつです。

 

もちろん、新しい知識を得るのは楽しいという単純な動機もあるのですが、プロフェッショナルとしては、それだけではダメなんだと、私は思います。

小児歯科

私事ですが、先日第二子が誕生しました。予定日は3月17日だったのですが、2週間ちょっと早めに生まれてきました。母子ともに健康です。

矯正歯科にかかっておられる患者さんには予約の変更などでご迷惑をおかけしております。申し訳ありません。

 

さて、妹や弟ができると上の子が赤ちゃん返りをするという話がありますが、我が家も例外ではなく、3歳になる長男が母親から離れようとしません。赤ちゃんを虐めたりはしないのですが、牛乳を哺乳瓶で飲んでみたり、着替えを1人でできなくなったりと、絶賛赤ちゃん返り中です。まあこれも発達のひとつの段階であろうと、長い目で見ております。

幸い歯磨きは以前のまま嫌がらずしてくれるので、歯医者である父と母としてはホッとしています。

 

私は時々、変な歌を歌いながら子供さんを診察します。何だこの歯医者、変なの! と子供さんが思ってくれれば成功です。

歯医者は怖い! 痛くないと言っておきながら本当は痛い! 嘘つき! 優しそうに笑ってるけど目が笑ってない! など、子供なりに多分、いろいろ考えているんだと思います。

 

怖くても痛くても、治療しなければならない時もあります。大泣きしている我が子を見て心を痛めている親御さんの気持ち、診療していてすごくわかります。心の中で、子供さんだけでなく親御さんにも謝りながら手を動かしています。

 

歯医者は怖い人である必要はありませんが、優しいだけの人でもいけません。最終的には虫歯ができてしまった原因を親子に伝え、改善できるように指導する立場にあります。厳しいことも言わなければならない時もあります。

 

小児歯科において、歯医者はどんな人であるべきなのか…ずっと考えてきましたが、まだ結論が出ません。ひとまず、怖くも優しくもない、変な人でいこうかなと、最近は思っているのです。

専門

開業歯科医師のカバーする分野は多岐に渡ります。

一般的にはあまり知られていませんが、実は歯医者にも科があります。

 

保存科・・・虫歯の治療

歯周病科・・・歯周病の治療

歯内療法科・・・根っこの治療

補綴科・・・被せ物や入れ歯

口腔外科・・・口の中の外科治療

小児歯科・・・お子さんの治療

矯正歯科・・・歯並びの治療

歯科放射線科・・・画像診断や放射線治療

その他にもインプラントや審美歯科など、いろいろあるんですよ。

 

内科や外科、眼科や皮膚科など専門分野がハッキリしているお医者さんと大きく異なるのは、研修医修了後に専門を決めてその分野に進む、という選択をする人があまりいないところです。例外は、矯正歯科や口腔外科に進む人くらいでしょうか。

 

ほとんどの歯医者は研修医が終わったら専門分野を持たずに、勤務医として町の歯科医院に就職します。

 

就職先のカラーにもよりますが、多くの歯科医院では、ひとりの歯医者が入れ歯も根っこの治療もインプラント手術も、お子さんの虫歯治療もやります。何でもやります。まさに何でも屋です。

 

口の中をトータルに診られるのが歯医者のいいところですし、全体を診る視点は常に忘れてはいけないのですが、逆に考えると専門性に乏しい治療のみを行なっている可能性があるということも忘れてはいけません。

 

ひと通りの歯科治療はやれることが大前提ですが、その上で、自分の専門分野をしっかりと持つことが大切だと思います。

 

何より、自分の興味のある分野をとことん突き詰めていく人生って、面白そうではないですか。

副院長は矯正歯科しかしませんから聞いてみたところ、「とても楽しい」とのことでした。

 

私は口腔外科出身ですから、外科手術やインプラント治療を深く追求していくべきでしょう。

 

狭い口の中ですが、歯科の全ての分野を深く追求するには、人生は短かすぎます。
“専門” の続きを読む

口腔内カメラ

口腔内撮影用のカメラの調子が悪くなったため、カメラを新調しました。ニコンのD7200というカメラです。見た目はあまり変わっていませんが、画像処理エンジンや基本性能などは以前のカメラとは比較にならないようです。技術の進歩というのは素晴らしいものです。

昔のフィルムカメラであれば画質を決めるのはレンズとフィルムでしたが、デジタルカメラになって、画質の多くはカメラによって決まるようになりました。

もちろんレンズごとに写りの差はあるのですが、レンズが受け取った光の情報をカメラ内部のコンピュータで処理するのですから、同じレンズを使っても出てくる写真はカメラごとに異なる味付けをされたものになるのは当然なんでしょうね。

さきほど副院長の口腔内写真を撮影してみた限りでは、なかなかきれいな写真が撮影できました。休診日明けからは、新しいカメラで口腔内写真を撮影できそうです。

ある程度の期間、壊れないで使えるといいのですが。頼みますよ、ニコンさん。

 

ブログはじめました

こんばんは。院長の横田です。
Facebookに時々投稿をしていましたが、このたび、ブログも始めてみました。
私だけでなく、副院長やスタッフも投稿する予定です。

 

私がインターネットを始めた頃は、Facebookはもちろんブログなんてものも無く、ごく単純なホームページがほとんどでした。技術の進歩は凄まじいものですね。

 

このブログでは、私やスタッフの人となりを皆さんに少しでも知ってもらうため、日常や趣味の話を書いたり、歯科関連の話題を書いたりしようと思っています。
ブログを通しての個別の歯科医療相談には応じられませんので、その点はご了承ください。

 

それにしても、今日も寒い夜ですね。
先ほどお風呂に入って暖まったはずなのですが、油断して布団に入らずにいたら、何だか寒くなってきました。
本を読んでから寝ようと思っていましたが、早いところ寝たほうが良さそうです。
皆様も湯冷めなどしないよう、ご自愛ください。
顎関節症の方は、お風呂での顎のマッサージを忘れずに。